Hatena::Groupbookseller

本のこと。 このページをアンテナに追加

2008年04月03日 木曜日

| 17:31

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 (新潮文庫)

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 (新潮文庫)

まず、見出しがいちいち『新潮45』っぽかった…!

長くなるのでたたみます。

「未解決事件」の死角で殺人鬼が息を潜める

修羅たちは静かに頭を擡げ出す

とか。

ええ、きらいではありません(笑)。

読み進むごとに、人間の業、みたいなものに向き合ってしまって、考えさせられた。

そして、すべての事件にやるせない気持ちになったことは言わずもがな(笑)。

いちばんこわかったのは、解説で作家・岩井志麻子さんも書いているけど、葛飾「社長一家」無理心中事件。この事件の記述、ほかの事件とはちがう意味で、背筋が凍ります(ホラーめいている恐怖が…)。だいたい、“首吊り自殺をして果てるまでの声を淡々と吹き込んだ実況テープ”なるものを遺したことが驚愕に値する…!岩井さんはこの章を読んだことで「読後しばらく鬱になったほどだ。」と書いている。確かに、テープの内容を読んでいくと、暗闇にうずくまる静かな壮絶さ、凄みみたいなものを感じてしまう。ええと、これ以上書くのも恐ろしいので、これ以上は書きません。

以前の日記で気になると書いた、未解決の井の頭公園「バラバラ」殺人事件ですが、杏林大学法医学教室の佐藤喜宣教授によれば「たとえば過激なカルト教団に属する人間が、複数で、粛々とやった行為だと思う」。「私が知っている限り、これほど緻密で異常な遺体処理をやっている例は、世界の犯罪史上でも類を見ないんです。」と。そうなんだ…。

この『新潮45』シリーズ(この後3冊ある模様)、この先も図書館で借りるつもりです。

mint87mint87 2008/04/05 07:45 ニコさん、わたしも読み終えました。
関わった人たちのその後の人生はもちろん、
事件を起こす前の人生にもとても考えさせられるものが多かったです。
まさに人間の業と向き合わされた感じです。
読んでいる間は、肩に力が入り、眉間にしわもよって、
精神衛生上も、美容上もかなり良くない本と思いますが、
読み終えた今、猛烈に他のシリーズも読みたくなりました。
はい。わたしもきらいじゃないみたいです(苦笑)。

nicokindernicokinder 2008/04/05 09:39 >うきこさん
ご報告ありがとうございます☆

ひとが転落していくさまが「あー、なんでそうなるかなー」と、なんともいえませんねぇ。
でも、わたしは、ひとが殺人に至るまでのこころの経緯ってものに、以前から興味があるみたいです。
うきこさんもそんな感じでしょうか…。あとで、そちらにもうかがいますね。
早速、次の『殺ったのはおまえだ』を借りてきちゃいましたよー。

ゲスト



トラックバック - http://bookseller.g.hatena.ne.jp/nicokinder/20080403