Hatena::Groupbookseller

littré このページをアンテナに追加

2008-04-17

[]森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」

四畳半神話体系』はとても苦手な本だった。ボロアパートに君臨する(?)神という冒頭にはとてもとてもワクワクしたのだけど、その後がどうも続かなかった。ので、自分はとても真っ当な森見読者にはなれないなーとおもったのですが、『夜は短し~』はとても面白く読んだ。古本市の神の少年と、すべての本はつなっがてるのだ式のくだりとか。渡辺温と谷崎とか。